【騙されるな】新電力 高騰ってどこの話? わが家の電気代はずっと毎月1割安いまま

家計見直し

電気代が8万円!なんてニュースが話題になりました

2021年の3月ころに、SNSやワイドショーで「電気代が高騰!」と話題になっていたことを覚えていますか。新電力に乗り換えてた人で、通常の5倍の電気料金8万円も請求が来たと大騒ぎになっていました。

広島市中区でカフェのハチドリ舎を経営する安彦(あびこ)恵里香さん(42)が1月下旬、会員制交流サイト(SNS)で苦境を訴えた。店の電気料金は8万円で前月の5倍。自宅の料金も約10倍に上がった。

(中国新聞より)

https://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=731558&comment_sub_id=0&category_id=1060

実際に、電気使用量は変わりなく電力会社からの請求だけが跳ね上がったとのこと。確かに、とりたてて多く使ったわけでもないのに、8万の請求がきたら心臓に悪いです。

実際にどのようなプランで契約していたか調べると、対象者は自分から選択するタイプの特別なプランで契約していました。これは、新電力によっては最初から設定がないところもあるのでは?

実際対象になるのはレアケースの市場連動型プラン

電気代が高騰して困ったことになったのは、「市場連動型」プランで契約していた人のケースです。

新電力会社と契約している家庭全てではなく、あくまで、「市場連動型」という料金プランで契約していた場合の稀有なケースです。市場連動型プランとは、日本卸電力取引所(JEPX)の価格に連動して電気料金の単価が決まるというものです。

今回の電気代高騰のようなデメリットはある反面、地合いがいいときは電気代が安くなるメリットもあります。契約時にきちんと契約内容を読み込んでいれば、リスクもあることは分かるはずです。

電力高騰する可能性のある新電力

「市場連動型」プランのある新電力は、次のようなものです。ただし、下記の新電力でも自分から選択して「市場連動型」で契約していなければ問題はありません。

エルピオ
自然電力
ジニーエナジー
ダイレクトパワー
テラエナジー

マスコミ報道は嘘ではないが過剰報道

当時のワイドショーなどでは、こぞって「新電力は危険」という論調で、せっかく増えた電力の選択肢をつぶしにかかっているようでもやっとしました。

エルピオの3月電気代の請求です。高くないですよ。

そもそも、新電力に替えていなければ関係ない話。新電力のなかでも、自分からあえて「市場連動」プランにしている人は少数派です。

そして、万が一自分が「市場連動型」だったとしても、上限が設定されるなど救済措置はありました。リスクは込みの契約なのに、かえって良心的は?

実際に新電力を半年以上使って、何の問題もなし

なんで私がそこまで肩入れしているかと言うと、話題の新電力、それも市場連動型の超格安電力サービス【エルピオでんき】と契約しているから。

2020年の末に申し込んで、なんだかんだで毎月1割くらい電気代がお安くなっています。前に契約していたのは大手電力会社で、検針票が廃止され明細の郵送が有料になっていました。

大手電力会社のサイトが使い勝手が悪く、お年寄りなんてまずログインできないだろう代物。腹に据えかねて、かねてから興味のあった新電力に変えたという訳です。

半年以上、新電力の電気を使っていますが何の問題も変わりもありません。それどころか、毎日の電気使用量を簡単にチェックできるから、節電意識も身につきました。なんで今までやらなかったんだろというのが、正直な感想です。

申し込んだだけで、電気代が毎月1割安くなった

去年までの検針票を保存していなかったのですが、切り替え当初比べたところざっと1割は安くなっていました。

年末年始の緊急事態宣言やステイホームを考えると、家にいる時間が増えているのに電気代が下がっているのは優秀です。

日ごと、曜日ごとに比較できるから便利

新電力へのシフトは自然な流れ

電気代が4月分から値上げされています。コロナでじわじわと家計も圧迫されています。再エネ賦課金とやらもとられる中、電気代が高くなることはあっても安くなることはなさそうです。

再エネ賦課金

2012年7月からスタートした制度。再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力など)をエネルギー源とする発電所で作った電気を、旧大手電力会が決められた価格、決められた期間で買い取らなければいけないというもの。

買い取りに使われたお金は、再エネ賦課金として毎月の電気料金に上乗せさています。

家庭でできる電気代対策は、アンペアの見直しか電力会社のプラン見直しくらいです。やらない手はありません。

自分も、実際に新電力に切り替える前はおっかなびっくりでした。ですが、やってみると簡単。携帯電話の乗り換えと同じ感覚です。面倒ですが、一度やってさえしまえば、あとあとずうっと節約できる!

新電力もある程度淘汰されてきたので、そろそろ重い腰を上げてみせんか。個人的な感想としては、しばりがないプランでほかのサービスとセットにしないのがいいかなと。

契約後に乗り換えたくなっても、縛りがあるとできませんよね。最安を狙うより、今より安くなればいいかなくらいで選ぶのが失敗がありません。地域によって利用できる新電力は変わってくるので、電気代一括比較サービスで探すのが無難です。私も使いました。

まとめ:新電力に変えたから電気代が高騰するわけではない! たいていの家庭は安くなる。

工事の必要なし、訪問もなし。ネットで完結。

新電力が危険、なんてことはありません。マニアックな市場連動型プランを選んだごく一部の人が電力高騰のあおりを受けたというだけです。

しっかりと契約内容を確認し、自分の電気の使い方にあった新電力・プランを選べば大丈夫です。

電力切り替えで、毎月の電気代を10パーセント安くできると言われています。実際、わが家でもざっくり1割下がっています。電気代一括比較サービス試してみる価値、ありますよ。

タイトルとURLをコピーしました