【ふるさと納税口コミ】収入1000万でどれくらいもらえる?届いた返礼品ざっとご紹介します

お金が貯まる習慣

ふるさと納税5年目。やらない人は損している

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります)。

総務省サイトより

めんどくさそう…ホントにお得?

お中元、お歳暮が毎月あちこちから届くカンジだよ

「ふるさと納税」はお得らしいよ。そんな声を耳にしませんか。

数年前から制度を利用し始める人が増えてきた「ふるさと納税」。最近では年末が近づくと、テレビCMもガンガン流れるようになってきました。

とは言え、やらない人はやらないまま。初めてともなれば、仕組みを理解するだけでもおっくうです。返礼品が届いたあとの手続きも面倒と思えば、重い腰も上がりません。

ですが、コロナ禍で可処分所得も減る一方。税負担も重くなりそうなご時世。「もらえるものは病気以外もらっておけ」という真田パパの言葉を思い出しましょう。(by真田丸)

世帯年収1000万で、ふるさと納税いくらまで寄付できる?

全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安

総務省 ふるさと納税ポータルサイトより

わが家は小学生の子どもが1人いて、世帯年収1000万くらい。ざっくり、166,000円くらいまで寄付できるということですね。

ただし、これは住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けていない給与所得者のケース場合。年金収入のみの方や事業者の方、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けている給与所得者の方の控除額上限は異なります。

返礼品選びのコツは還元率?それもあるけど…

できるだけ、ふるさと納税で得をするには?

書店に並ぶ雑誌やムック本をながめると、寄付金あたりの返礼品の還元率ランキングなんてものがよく掲載されています。ネットの記事なんかでも同じ観点です。

私も最初の1、2年は還元率を気にしていました。ですが、いくら金額的にお得でも、家族の好みに合わなかったり、日持ちがしなかったり。もともとの設定金額が高すぎたり…。結局はあまり満足できないこともありました。申し込みが少ない自治体だと、事務処理に不安があることも。

数年ふるさと納税を利用して、自分なりの返礼品選びのポイントが固まりました。

返礼品選びのコツ
  • 日持ちのするもの
  • 人気のある自治体の人気商品
  • 寄付自治体先を増やさない

日持ちのするもの

日持ちはするけど、梅干し7キロも焦った…

ふるさと納税サイトをながめていると、おいしそうな高級和牛、新鮮な魚介、スイーツ詰め合わせ。魅力的な品であふれています。

寄付を申し込むときはいいんです。届いて、その膨大な量に呆然としたことが何度もありました。肉が5キロとか、一般家庭で消費しきれません。果物も日持ちがしません。乳製品セットも、思いのほか消費期限が短くて焦りました。ご近所に手伝ってもらって事なきを得ましたが、日持ちのしないものは要注意です。

人気のある自治体の人気商品

人気があるところはいいものがそろってる!

最初は、住んだことのある自治体で探していました。自分に縁がある土地に寄付することが本来の意図。いかんせん、地方の小さな自治体はマンパワーが足りません。力を入れていないのかもしれませんが。

1万円の寄付でも、調味料1瓶。あとは、お中元で2,000円くらいだろうセットが1つ2つ。それも寄付金3万とか。ごめんなさい。育ち盛りの子どもがいるので、ほかの自治体に目移りしてしまいました。

最近は、人気ランキング上位の自治体中心に寄付しています。返礼品が豊富で質、量ともにけた違いで魅力的です。都城もそうですが、寄付件数が多いので専門部署を設け人員も増やしています。だから、事務処理も早いし間違いがない。安心して寄付出来ます。

人気の自治体は、事務処理もラク!返送用の書類も印刷済みだったり、切手が不要だったり。2020年からは、マイナンバーをオンラインで申請できるところもでてきました。

2020寄付自治体先を増やさない

5つ超えるとめんどう!

ざっくり言うと、ふるさと納税の寄付先は5自治体までなんです。

正確にはいくらでも寄付先を増やして構わないのですが、後の手続きが面倒になります。自分で確定申告するなど、せっかくのワンストップ特例制度が使えなくなってしまうからです。

5つまで、と思っていてもついつい忘れちゃうんです。

私がうっかりしがちなだけなのですが。3つ、4つと寄付していて、年末が近づいたころに残りの予算を使い切ろうと申し込むときなんて危険です。最初から1,2カ所にしておくと、うっかりしててもカバーできます。

詳しいことは総務省のふるさと納税サイトを見てもらうのが確実です。

わが家に届いた返礼品

すべておいしくいただきます♪

画像
豚肉、生ハム、ハンバーグなどのセット
画像
煎茶と番茶のティーバッグ(めちゃ便利)
画像
豚肉加工品セット 味噌づけ絶品
画像
言わずと知れた霧島
画像
あると助かる ハンバーグ&唐揚げ
画像
5キロ×2袋が3回に分けて届きます
画像
九州のしょう油、好み

豚肉3.6㎏! しゃぶしゃぶ、とんかつ、生姜焼き用です
都城 石田三成にあやかった?ブランド豚

12月にあと2点届く予定です。

一度やるとハマる!ふるさと納税デビューしよう

難しそう…毛嫌いしていた人は、試しに一度やってみるといいと思う。とくに、自分で確定申告していないサラリーマン家庭ならば、手続きもカンタン。

自治体に直接申し込む方法や、ふるさと納税サイト各種から申し仕込む方法とあるけれど、おススメはふるさと納税サイト。やり方を詳しく説明しているし、ポイントや還元キャンペーンなどがある分お得。

面倒な手続きはイヤという方には、手続きを代行してくれるサービス「ふるサポーターズ」もあります。手続きは最初の1回のみで後は自動的に寄附を定期的に代行。ぜひ、この機会にデビューを。

今なら、Amazonギフト券プレゼント中!

ふるサポーターズ

タイトルとURLをコピーしました