あなたの想像する年収1000万のセレブな暮らしぶり…年収3000万以上なきゃムリです

セレブ暮らし生活レベル
セレブ暮らし

「年収1000万」で思い浮かぶのは、セレブな暮らしぶり

韓国ドラマの御曹司モノみたいな⁈

年収1000万と聞いたら、どんな暮らしぶりを思い浮かべますか。

男性なら、ベンツやBMWといった高級車やステイタスを感じさせロレックスなどの高級腕時計保有者。

もちろん住まいはグランドヒルズのような高級マンション。

ファッションも馴染みのセレクトショップで見繕ってもらい、ヘアスタイルも人気のサロンが行きつけといったところでしょうか。

婚活女性は年収1000万の男性と結婚したら、贅沢三昧の生活がおくれると信じて疑いません。

プロポーズは、貸し切りのクルーザーの上で。

彼が差し出す婚約指輪は、ハリーウィンストン。結婚式はとびきり贅沢に、新婚旅行もヨーロッパ一周。

結婚後は優雅な専業主婦暮らし。

買い物は成城石井や紀伊国屋。

月に一度はお肌のメンテでエステ、そして自慢のネイルのケアでサロン通い。

趣味のアロマは、趣味の延長で資格をとってみようかとスクールにも通い始める…。

子どもができたら、ネイティブの英語を学んでほしいから著名な英会話スクールに通わせたい。自分の夢だったバレエもやらせたい…。

テレビや雑誌で特集されるのは、高収入夫をもつ妻の優雅な暮らし

お金目当ての結婚?
年収1000万の家計って?

ちょっと冷静になれば、年収1000万のサラリーマンでセレブ暮らしはとてもムリだと分かりそうなものです。

オシャレ系の女性誌をみると、これでもかと裕福で優雅なライフスタイルを見せつけられます。

習い事、外食、ショッピング、ファッション。身の丈よりもちょっと背伸びした暮らしを提案するのが役割だとは分かります。

ですが、シャツ1枚2万とか、レジ袋代わりのマイバッグが1万とかなのはどうなんでしょう。ケタが1つ多いようにいつも思ってしまいます。誰が買うんだ?

情報番組の「高収入夫をもつセレブ奥様」的な番組の功罪もあります。

いえ、本当に事業などをなさっていて、ランクがちがう高所得者ならかまいません。素直に、すごいなぁとちがう世界があるんだなと思います。

引っかかるのが、年収1000万台で優雅な暮らしぶりをアピールする人。それも都内在住でです。お子さんがいて、東京暮らしで専業主婦なら、もうそれだけでカツカツなのでは。

自己顕示欲というか、承認欲求のなせる業か。

「セレブ妻」をしている自分が理想なのかもしれません。ひと昔前なら、自宅で横文字系の趣味のサロンを開くタイプかも。今なら、インスタにのめり込むのでしょうか。キラキラ生活の裏側がどうなっているかは、本人にしか分かりません。

実際になってみると、「どこの通貨の1000万?」

では、実際に年収1000万の夫と結婚し、専業主婦になるとどうなるか。

日常生活でお金に困ることはないです

給料日を気にしたことがないです。

つねに口座には多少余裕があるので、支払いなどで困ったことは一度もありません。(とはいえ、お互い収入が少ないころからそうでした。金銭感覚のせいもあるかも)衣・食・住はおかげさまで、安心してまかなえます。

ですが、今まで言ってきたような贅沢とは無縁です。給与自体は多くいただいていても、手取りは別。そして、妻が専業主婦なら収入はありません。子どもにかかるお金は、教育費を含め上がる一方。

確かに年収1000万は恵まれています。とはいえ、世間が思うようなセレブ妻には到底なれません。体感的に、最低3000万はないと難しいのでは。本当のお金持ちに聞いたら、同意してもらえると思います。

年収が上がるほど重くなる税負担、手当からも外れる現実

チャンスはある!

突き抜けてのお金持ちならまだしも、中途半端に高額な年収は損。

サラリーマンは有無を言わさず、給与から税金と社会保険料を「天引き」されています。最初からとられているもの、たくさんあります。

  • 所得税
  • 住民税
  • 健康保険料
  • 介護保険(40歳以上)
  • 厚生年金保険
  • 雇用保険

社会保険は国民が必ず加入しなくてはなりません。自分も何らかのかたちで税の恩恵を受けているし、病院のお世話にもなるので、支払うのはやむを得ません。

ただ、こうした税金や社会保険料の額は年収によって決まります。年収が上がれば上がるほど、税金類はえげつないくらいに高くなるのです。

例えば、所得税。課税される所得が195万円以下なら税率5%。対して、900万を超えると、33%にまで増加します。

ひどいことに、負担は増える一方。ボーナスから召し上げられる社会保険料もあがり、配偶者控除も一部廃止されました。子どもの扶養控除も縮小・廃止されています。さらに、消費税はいつの間にか10%。やってられません。

細かなことを言えば、子どもは何人いようが児童手当はつきません。高校の授業料助成からも外れると思います。

まとめ:年収1000万でセレブ生活は幻想です

日常生活に困らない!でもセレブはムリだよ

年収1000万なら手取り700~800万前後。

金額自体でみれば、余裕があるように思えるけれど、セレブ生活をおくれるほどではありません。

夫の仕事が激務なので、妻の私はフルに働くのは難しく専業主婦。

優雅に遊ぶのではなく、家事や育児、子どもの教育を担当しています。子どもに手がかからなくなったら、働くかボランティア活動するつもりです。

タイトルとURLをコピーしました