専業主婦の習い事で人気のスポーツジム、オンラインフィットネスが増えてきたのでやってみて半年の体験談

ヨガをする生活レベル

スポーツジム、コロナでどうなった?

マスクは必須。
スタジオレッスンは、立ち位置まで指定のオンライン予約。
常連は戻りつつある。
更衣室・浴室でのおしゃべりは一部ある。
オンラインも併用しレッスンを提供し始めた。

昼間のスポーツジムは高齢者と主婦で成り立っている

<br>

昼間の時間を有効活用。デイ会員ならお安いのもうれしい♡

平日の昼間にスポーツジムへ足を踏み入れたことのある人なら、お分かりでしょう。

本当に、見渡す限りお元気な高齢者ばかり。その中に2割くらいかな。主婦と思しき方の姿がちらほらと。黙々と筋トレにいそしむ若い男性も、ぽつりぽつりと目につく程度。

今や、スポーツクラブのメインターゲット層は高齢者。何と言っても数が多いですし、使える時間もお金も若者よりも持っています。健康に対する意識も高いですしね。

実際、長年通っていると分かりますが、年配の人向けのレッスンって増えています。「つぼマッサージ」とか、「腰痛体操」とか。最近見かけてびっくりしたのが、「歌トレ」。某大手のレッスンですが、みんなで松田聖子さんの『青い珊瑚礁』なんか歌うんですよ。もう、スポーツジムが昼カラです。だいたい、高齢の方は滞在時間が長いです。お弁当持参の人も珍しくありません。

主婦の方は、パートの合間だったり、子どもが学校へ行っている間だったりそれぞれです。自分が通っていたところでは、軽く有酸素か筋トレして、スタジオレッスン1本でて、汗を流して帰るって感じが多かったです。

それだけに、友達づくり目的で入会しても、簡単にはいかないかも。お年寄りは交流メインですが、主婦の目的は人それぞれ。友達ができたらラッキーくらいが気が楽です。

女性人気はやっぱりヨガやエアロ、スタジオ系

女性でスポーツジムに通う人のお目当ては、何といってもスタジオレッスンではないでしょうか。筋トレも大事ですが、家で自重でもできます。

インストラクターの指導を受けながらスタジオの会員が一体になって動くレッスンの楽しさは1人では味わえません。ヨガだって、やろうと思えば、YouTubeの有名人の動画でだってできます。でも、チャレンジポーズで、お隣の人が挑戦していると「負けるもんか!」って燃えますよね。(ヨガは無理してはいけません。人と比べるものではないんです)

ヨガはともかく、ピラティスなんかはなおさら指導がないと意味がないです。力の入れ具合とか意識の持っていき方とか、最初から独学では効果は望めないんじゃないかな。

私はリズム感が信じられないくらいないので、あまりダンス系はやっていません。ですが、ラテン系やベリーダンス、ズンバとか、ハマる人はハマります。理屈抜きで夢中になれますよね。ウェアにも凝るようになると、ファッション面でも楽しみは増えます。

コロナでスポーツジム通いも様変わり

私は、独身の20代半ばから結婚後まで、途中間が空きながらも10数年5,6カ所のスポーツジム通いをしていました。「していました」と過去形なのは、引越したのとコロナがはやり始めたから。

近所の総合スポーツクラブ、24時間使い放題のマシンジム、ホットヨガ、ヨガ教室など一通り見学してきました。でも、マスク必須なんですよね。当たり前のことですが。

入り口での手指消毒に始まり、スタジオ人数の制限、マシンの都度ごとの消毒…。更衣室やお風呂でもしゃべらない…。

これではストレス発散どころではありません。何より、マスクをしてトレッドミルで走れます? 私は普段でも息が上がってしまうので、身の危険を感じます。マスクでヨガは危なくはないですが、呼吸がキモなのに!

悪いことばかりではなく、良いことも。

私の近所の地元スポーツジムでは、スタジオレッスンの予約がオンラインで取れるようになりました。しかも、立ち位置まで! 何分も前から並ばなくていい。常連の場所取りバトルに巻き込まれなくて済む。いいわぁ。

大手・新興でオンラインフィットネスが乱立!

コロナで会員離れが進み危機感を覚えたスポーツジムが打ち出した策が、「オンラインフィットネス」。最近、どこもかしこもという感じで新しくサービスを始めています。

セントラル、ルネサンス、ティップネス(トルチャという名前でやっています)なんかの、大手はもちろんのこと、地方の小さなスポーツクラブでもZOOMなんかを利用してオンラインフィッネスに乗り出しています。

イオンでもやっていますよ。3Fitという名称で、まだ知名度はないながらがんばっている感じです。実店舗のないオンラインのみのサービスも含めると選び放題です。

1年で8つほどのオンラインフィットネスを試してみた

お試しジプシーしてたら、半年以上無料で使えてた!

新しいサービスなので、どんなものかピンときません。ならば実際に試してみようと、手当たり次第にお試ししてみました。

オンラインフィットネスによって、予約制か好きな時間に受けられるのかはちがいます。それでも、レッスン開始3分前にパソコンを立ち上げて参加できるのはいい! 30分時間ができたな、と思ったらすぐにできるのがいいところですね。カメラオンにしなければ、服装もかまわないでいいですし。

逆に、デメリットだなと思ったのは、会員同士のつながりがないこと。インストラクターさんとはちょっとはお話できますが、会員同士の交流できるとこは今のところありませんでした。あとは、家族がいる時は集中できないというか、恥ずかしいですね。とくにダンスとかダンスとかダンスとか。

別記事で詳細をまとめますが、ざっと分かったことは以下の通り。

オンラインフィットネスやってみて

・ZOOMよりも独自システムが使いやすい
トルチャSOELU(ソエル)など)

・人によってヨガ特化は飽きる
(総合型のなかにたいていヨガもある)

・カメラモードはあんがい使わない
(指導を受けたい、声をかけてもらいたい人以外は)

・無料お試しで実際に試して自分の環境を確認
(ZOOM操作、部屋の写り込み、レッスン本数)

ネットで検索すればいくらでも出てくるのですが、半年以上あちこち試してみて分かったことは、「人によりベストなオンラインフィットネスは変わる」ということ。

まず、ビデオ型か双方向型か。

初心者向けか、本気モードか。

ヨガや筋トレ特化か、総合型スポーツジムのようにいろんなレッスンがあるのか。

レッスン本数は多い方がいいのか、少なくてもいいのか。

よさそうだなと思っても、実際に1週間もやってみると「なんかちがう」ということもあります。また、思うように人が集まらなかったのか、縮小するoluluのようなサービスもあります。

とりあえず、飛び込んでみればいいのでは。運営会社などの確認は必須ですが。

無料会員としてたっぷり試せる!だから失敗ナシ

SOELU(ソエル)はオンラインフィットネスで一番勢いがある

まるまる1ヵ月お試しして、推しの

先生までできた♪

最近よく目にするSOELU(ソエル)、30日も本当に試せるのか疑心暗鬼で登録。やってみると、たった100円なのに一番高い会員と同じようにレッスンが受けられました。

ヨガやったことある人なら分かると思うけど、家でYouTube見てやってもアライメント(姿勢)がずれてたりします。正しいポーズができていないと効果も半減。このサービスのレッスンは、オンラインでインストラクターの指導が受けられるのです。予約して、画面の向こうに先生がいるとなると気合の入り方もちがってくるというモノです。

ヨガだけじゃなく、顔ヨガやダンス、筋トレから瞑想まで、総合スポーツクラブも目じゃないくらい充実のレッスン数。インストラクターさんもスタイルも容姿も素敵な人が多く、モチベーション上がります。

torcia(トルチャ)は1ヵ月無料期間後も、月イチで無料開放デーがある

インド人先生のヨガがいい感じなのよ

ティップネスと日テレでやっている、トルチャは一方通行のオンラインフィットネス。自分は見られたくないという人に向いています。

レッスン数はソエルほどではありませんが、日テレのアナウンサーの発声教室やタレントも参加してのヨガレッスンも定期的に開催されています。楽しみとして気軽に運動したい人向けかな。

お試しとして、1カ月無料は他でもあります。でも、トルチャではさらに無料開放デーというものがあり、無料会員でも受けられるのです。しかも、アーカイブで1カ月! とりあえず会員になっておいて損はないです。

結論:オンラインの良さもある、今はどこもお試し充実!

会社の福利厚生や株主優待で無料で使えることもあるので、調べてソンはないよ

コロナ禍で運動不足になりがちな主婦のみなさん。オンラインフィットネス、意外と快適ですよ。コロナが落ち着くまで、できることで楽しみましょう。

オンラインフィットネスは始まったばかりのサービスなので、無料お試しもたいていあります。1週間とか、2週間はもちろん、100円出せば30日使い放題なんてのもあります。私もやってみたけど、がっつり使い倒せました。

コロナが収まっても、いずれかのオンラインフィットネスは続けると思います。うーん、どこにしよう。

タイトルとURLをコピーしました