オンライン授業が始まった!公立中学でもライブ授業を実践中、わが家の場合

生活レベル

おうちで学校と同じ授業が受けられるの。しかも参加型で!

感染防止のため、夏休みの延長や分散登校としている学校があります。まだ少ないですが、タブレットPCを使ってオンライン授業を実施しているところも。

うちの子どもの中学校でも、公立ですがいち早くオンライン授業を実践してくれています。

GIGAスクール構想で「1人1台端末」が、2020年の秋に配布されました。そのころは子どもは小学生でしたが、市内の小中学校に通う全児童生徒にタブレットPCが配布されています。

2020年にも市ではオンラインでの学習支援に取り組んでいて、ホームルームや授業の配信を行っていました。その際はトラブルも続出でしたが、改善を重ねた甲斐あってスムーズにオンライン授業が行えたのでしょう。

保護者の側も、「ログインできない」「Google カウントって何」というレベルからのスタートでした。ネット環境がない人にはWi-Fiを貸し出したりと、決して皆がIT水準が高いわけではありません。わが家でも割り当てられたアカウントにログインできず、先生のお世話になりました。

オンライン授業ちゃんとできる?
  • タブレット端末が配られただけじゃダメ
  • 授業でふだんから「筆記具」のように使ってこそ
  • 最初はトラブル、当たり前
  • 慣れれば小学校高学年から一人でできる

ですが、何でも「慣れ」です。子どもも「わかんない」と言いつつも、どんどん使い方を覚えていきます。すでに聞かれても親がついていけないレベルです。まずはやってみることが大事だなと、市や学校に感謝しています。

子どもがタブレットPCをどう使っているか

使っている端末やアプリ

貸与されているChromebookは、マウスこそついていないものの、ほぼPC。ディスプレイはタッチパネルでアウトカメラ・インカメラ内蔵です。

音声入力ができるので、キーボード入力できなくても問題ありません。

とてもいいなと思っているのが、丈夫さ。机の上から落としても、屋外授業で使っても故障しないような機種が選ばれています。小学校時代も、落として壊したという話を聞きませんでした。もちろん、みなさん、それぞれ個人でケースを購入して保護はしています。

タブレット内にアプリを入れるのではなく、クラウド上のサービスを使っていく感じです。Google Workspace for Educationのなかの、CassroomやMeetとかでオンライン授業は進められます。

オンライン授業

休校対応、オンライン授業できれば安心

<ある日のわが家>

夫:自室でリモートワーク
子:子ども部屋でオンライン授業
妻:リビングでオンデマンドの動画視聴

コロナ禍で一番期待するのが、タブレット端末を使っての「オンライン授業」。

2020年のコロナ一斉休校で、ここの市ではすでに試験的にオンライン授業を取り入れていました。とは言え、回線の弱さや保護者側の混乱など、当初はなかなか満足に授業できなかったとか。試行錯誤を重ね、普段の授業の中でも積極的に使うことで先生も生徒も使いこなせるように。

で、学校での取り組みです。結論から言うと、ほぼトラブルもなく自宅に居ながらにして教室と同じように授業が受けられました。後ろで見ている親からすると、授業参観している気分です。1時間まるまる授業ではなく、先生の解説の後に指示されたAIドリルを各自やるという形式。

カメラが広角でないためか、黒板が歪んで写っていたりするのはご愛敬。今のところ、生徒の側のカメラやマイクはオフにしているのでライブ感は少ないですが、回線の改善で変わっていくのかもしれません。

調べ学習・課題提出

夏休の自由研究もオンライン提出でした

小学生の段階から、ロイロノートなりを授業の中で使っていたそうです。社会の授業でテーマを決め、自分たちでインターネット上で資料を探し新聞をつくりオンラインで先生に提出するのがゴール。

中学でも音楽や理科の授業でもアプリやカメラ機能をとり入れていたそうですが、子どもたちは抵抗感もなくスイスイ使いこなしていたとのこと。体育でフォームの確認をするために動画をとったり、英語のスピーキングに活用したりと幅広く用いられています。

子どもに使わせるとなると、アダルトサイトや詐欺サイトへのアクセスが気になります。配布されている端末は制限がかけられ、怪しいサイトは検索結果に上がってこない仕様になっていました。

ちなみに、親が別でまとめたファイルや画像を子どものメールに送っても届きません。

夏休の自由研究で参考文献をまとめたgoogleドキュメントの共有URLもアクセスできませんでした。安全な反面不便な点も。

AI搭載学習支援アプリ

自宅での学習で使うのは、主にAIドリルの『Qubena』です。学年、教科ごとに課題が設定されているのでログインしてやるだけ。自分の学習進度に合った問題に取り組むようになっています。

ザラ紙に問題集そのままのモノクロコピーで出されっぱなしの某市の宿題とは雲泥の差。コロナ明けに、自治体で大きく差がつきそうです。

ふだんの授業や課題提出で、タブレットを意識的に使っていた下地がある

自己管理は大事
自己管理は大事

先生方の試行錯誤や研修の積み重ねのおかげ

子どものコロナ感染が増えるなかで、学校に通わせることに不安を覚える保護者もいるでしょう。GIGAスクール構想もはじまりタブレット端末が配布された学校も多いと思います。

それなのに、タブレットは学校で放置されたまま。オンライン授業が始まる気配すらないという学校の方が多い現実。

自分の住んでいる市ではいち早くGIGAスクール構想に向き合ってきたから、今があるのではないかなと。親の側も最初のうちはホームルームに参加させるのでさえいっぱいいっぱい。子どももアプリのありかが分からない、パスワード忘れ。それに一つ一つ対応なさる先生方のご苦労はいかばかりだったかと。

教職員向けの研修も何十回も行われていたそうです。自分は見逃がしたのですが、保護者向けに公開もされていました。ITC習熟度もさまざまな中、ほんとうに大変だったと思います。

ID・パスワードは小学生でも自己管理

子どもらみんな、アイコンとか変えて使いこなしてるよ

小学生でも、クラウドにログインする際のIDやパスワードは自分で管理させられます。まだアルファベットが分からない子向けに、キーボードのひらがなで覚えさせるなど工夫がなされていました。(Kはのという具合)

学校に持っていく前日には充電しておくなど、個人で管理をする必要があります。

また、自宅でのオンライン授業となると教室で対面よりも確実に緊張感が薄れます。オンカメラでなければなおさらに。子ども自身の自主性が試されます。

学習の機会が奪われがちな今、学校の対応によって大きな差がつく

ICTに力をいれているからこそ、すぐにオンライン授業もできるのか

  • 地方の公立校でもオンライン授業は始まっている
  • ふだんの授業でも活用している
  • コロナ明けに差が開く

オンライン授業を行える学校は、ふだんからITCに力を入れているはず。コロナで学習の機会が奪われがちな今、学校の対応によって大きな差がつくでしょう。

住んでいる自治体があてにならないのなら、自分でフォローする努力も必要かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました